『ふうせんかずら』


久しぶりに『ふうせんかずら』のマスターとお話をしようと思って、札幌市北区北15条西2丁目まで足を運んだ。しかしそこで眼にしたのは、「テナント募集」の張り紙だった。1年半ほど足が遠ざかっていたのが、今にして思うと悔しい。この店は主に道内作家の作った器などを展示販売していて、コーヒーやケーキも楽しめるお店だった。喫茶コーナーはカウンターだけのこぢんまりした店だったが、おしゃれで落ち着いた感じの店構えだった。自宅で使っているコーヒーカップや紅茶カップのうち数客はここの店で購入したものだ。写真にあるカップもそのひとつである。実は今回足を運んだのは、以前ここで購入した器のいくつかが作者不明だったので、それを聞き出すためでもあった。このカップも作者不明である。私のお気に入りなので、是非とも作者を知りたかった。
これでマスターとの縁も切れてしまった。またどこかでお会いできることを望んでいる。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。