プレスコーヒー

横井珈琲お薦めの珈琲の淹れ方を試してみた。

使う器具はカフェプレス。紅茶を入れるメリオールみたいなものだが、どこがどう違うのかはわからない。豆はやや粗挽きにして、約10グラム。これをカフェプレスに入れて上からお湯を注ぐ。軽くかき混ぜて蓋をすること4分間。できた珈琲は約150cc。茶色く濁っており、表面には少し油が浮かぶ。ちなみに使った豆は先日記事にした「ホンジュラス・ジャケリン」。
飲んでびっくり。これが意外といけるのだ。渋みもあまり感じられず、苦みもしつこくない。全体的にやわらかい印象。不思議とかすかに酸味も感じる。同じ豆なのに、ペーパーで淹れたものとはまるっきり違う。横井さんは、スペシャルティ珈琲を淹れるときには特にこの方法を薦めている。豆による違いがはっきりと表れるらしい。わかる気がする。そういえば珈琲のカッピングをするときの淹れ方に近い?

最後に断っておくが、今回淹れた珈琲は、正確には横井さんの言っている豆の量とは違う。横井さんは「粉は粗挽きで量は30gくらいが目安です。」と書いている。
『工房 横井珈琲』

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。