『一度も植民地になったことがない日本』デュラン・れい子

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:

講談社+α新書。
 クセが少なくパンチの効いていない日本人論。著者はスウェーデン人と結婚した日本人アーティスト。ヨーロッパで30年以上暮らした経験を元に、ヨーロッパでは日本(人)はこんな風に見られているんだよ、というのを紹介している。ふつうの日本人が向こうで暮らしたらこんなことにびっくりするよ、ということを淡々と述べているのに過ぎない。書いてあることは少しも深くはなく、どんどん読み進められる。そして何も残らない。著者もごくごく普通の日本人なのだろう。感想文ではなく、評論を読みたかった。
amazonで見てみる

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。