第23回「シェーグレンの会」総会および講演会

日時:平成21年6月6日(土)、会場:ホテル金沢

13:00 ミニ講演1「シェーグレンと共に」久藤総合病院院長 菅井進 先生
○シェーグレン症候群に対するSICCAの理解
・全身性、多臓器性自己免疫疾患
・分泌線の障害
・慢性または進行性
○涙の働き
1.乾燥防止、2.殺菌、3.洗浄、4.酸素供給、5.栄養補給、6.角結膜の表面を滑らかにする
○唾液腺
1.漿液線:主にタンパクを分泌。耳下腺に多い。2.粘液線:主にムチンを分泌。舌下腺に多い。3.混合腺:両者が混合されたもの。
○唾液の働き
1.消化作用:デンプンをマルトースに、2.溶解作用:味覚の促進、3.洗浄作用、4.円滑作用:発音・会話をスムーズに、5.抗菌作用、6.pH緩衝作用、7.保護作用:歯の表面に皮膜を作り虫歯を防ぐ。
○最近の治療法の説明で気になったこと。
・ドライマウスに使う薬セビメリン(エボザック、サリグレン)、ピロカルピン(サラジェン)は、副交感神経のムスカリン受容体に働き、副作用は発汗、胃の運動促進などが挙げられる。
・全身療法として、クロロキン製剤、免疫抑制療法(ミゾリビン)、B細胞標的療法:抗CD20抗体(リツキサン)(癌に使うものだと思っていた)。
・実験的治療として、抗CD40L抗体、ケモカイン標的療法
・無効だとはっきり分かっているのは抗TNF療法(リウマチには効くのに・・・)
・QOLには3つある。身体的、精神的、社会的。
○日常生活で気をつけること
1.安静と十分な睡眠:過労を避ける、昼寝をする。
2.寒冷を避け、ウイルス感染に注意する。
3.外傷、手術などの肉体的ストレスを避ける。
4.精神的ストレスを解消する。
5.規則正しい生活をする。
6.好き嫌いせずにバランスの取れた食事を摂る。適正体重を維持する。
7.適度の運動
8.強い日光を避ける。
9.長期の予後に関係する疾患に注意する。
10.インチキ療法に注意する。
○ストレス解消7ヵ条(高木敏、日医ニュース)
1.自分をほめる:朝起きたら鏡に向かって「おまえは偉い」とほめる。
2.いいかげんに生きる:頑張りすぎない。みんなで荷物を持つときも「せいの!」と声は出すが力は入れないくらいの気持ちで。
3.目標は短期と長期に分ける:一日でできるやさしい目標を立て、達成できたら寝る前「良くやったね」と労をねぎらう。
4.歴史小説を読む:色んな人の生き方に感動できれば自分の人生も味が出てくる。
5.話し上手:相手を笑わせたり、泣かせたり、楽しくさせれば酒の酔いより勝る。スピーチは必ず原稿に書き、頼まれなくても準備しておく。
6.毎日散歩:血圧も下がり、体重も減り、良いアイディアも浮かぶ。
7.ときめきが大切:おしゃれなセンスを磨くこと。異性の視線は生きるパワーにつながる。
○「10th International Symposium on Sjögren’s Syndrome」が2009年10月始めにフランスのブレストにて開催。親睦会で私も誘われたけど、保留。

14:00 ミニ講演2「医薬品の開発~お薬が、あなたに届くまでの道のり~」キッセイ薬品工業株式会社 中野泰志 課長
・サラジェン開発を振り返りながらの話。厚生省から有効性の議論の中で言われたことは、唾液分泌量の増加だけではだめで自覚症状の改善が必要ということ。この自覚症状の改善を科学的に指し示すことが難しかったという。
・ドラッグ・ラグ:ある薬が世界初登場後日本で販売許可が出るまでの平均は47.2ヶ月。
・臨床第Ⅱ、第Ⅲ相試験において国際共同治験をやろうとの話もあるが、コストが高いことと、日本が律速になってしまうことが難点。

14:30 特別講演「痛みとシェーグレン」日本大学血液膠原病内科 武井正美 先生
○シェーグレンの痛みの原因:1.眼、2.口内、3.耳下腺、4.性交痛、5.関節痛、6.末梢神経痛、7.筋肉痛、8.排尿痛
○線維筋痛症チェック
・主症状:不意な体動後の3ヶ月以上続く痛み。体中が非常に痛み、日常生活に差し障る。プラス。50肩、年齢の変化、更年期といわれた。痛み止めが効かない。シェーグレンでこの病気になっている人は、典型例よりも軽い症状であることが多い。
・痛みに伴う症状:睡眠障害、抑鬱気分、腹痛・下痢、月経異常、ほてり発汗、頭痛など。
○間質性膀胱炎チェック
・排尿時の痛み・昼間排尿が頻回(1時間に複数回)・夜間排尿が多く眠れない・1回の尿量が少なく、我慢できない・抗生剤で治らない・尿検査で異常がない
・シェーグレンの1%くらい。

15:40 患者セッション「患者体験談など」

16:40 医師・製薬会社・患者会の方とのディスカッション

シェーグレンの会HP(事務局)
シェーグレンの会HP(前田書店)

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。