『Birdseed』Joe Robinson

 ジョー・ロビンスン。オーストラリア出身のギタリスト。今多くのプロミュージシャンから注目されている。何しろ若い。このアルバムを制作したとき、わずか15歳だったという。技術力はいうまでもなく、メロディセンスも良い。トミー・エマニュエルと同系統のミュージシャンだと思われる(彼と比べたらかわいそうだが)。
 曲ごとのバリエーションは豊かで楽しめるが、1曲1曲の長さがちょっと短いのが物足りなかった。5年、10年先が非常に楽しみだ。私が好きだったのは4「Gogamet」、8「Mowin’ That Bluegrass」、9「Stomp Throb」の3曲。

amazonで見てみる
プー横丁で探してみる

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。