『MUSCAT DARJEELING』LUPICIA

 マスカット・ダージリン。「マスカットのみずみずしい香りがダージリンの爽やかな味わいとよくマッチした紅茶。」

 ダージリンの香りは、ときにマスカット・フレイバーと形容される。だからマスカットとダージリンの相性が悪いわけはない。そしてこの紅茶もそれなりにおいしい。でも私は思うのだ。いくら元となる茶葉の質が悪いからと言って、マスカットの香りを付けるのって一種の逃げじゃないの?と。LUPICIAでは毎年、ファーストフラッシュやセカンドフラッシュのダージリンを農園別に販売しており、質も高い(と私は考えている)。つまり本来のマスカット・フレイバーで勝負しているお茶もあるというわけだ。その一方で今回のようなお茶も販売する。確かにこのフレイバーティーの元になったダージリンは単独で販売するほどの質は持っていないのかもしれない。でも・・・。
 正直私には割り切れ無さが残るのです。

LUPICIA

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。