『献上加賀棒茶』冷茶編

 『献上加賀棒茶』を大さじ2,3杯お茶パックに詰めて、1.5リットルの新鮮な水道水に入れて冷蔵庫で一晩おく。これが実にうまい。焙じたお茶の香ばしさが鼻を楽しませ、すっきりとした切れの良い味が喉を潤す。これを楽しまない手はない。もしこの茎焙じ茶が手に入ったなら、ぜひ冷茶を作ってみることをお薦めする。
 ちなみに札幌の水道水はカビ臭などの異臭味がほとんど無いのでそのまま使える。塩素臭なんて一日もすればすぐに消えてしまうし。もしミネラルウォーターを使うなら軟水を使ったらいいと思う。日本産のミネラルウォーターならほとんどが軟水である。
 話が逸れた。加賀棒茶の冷茶、感動します。

加賀棒茶 丸八製茶場

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。