『Medicine for your Soul』saigenji

 2008年。ベストなどを除けば、『SAIGENJI』『la puerta』『Innocencia』『ACALANT』『Music Eater』に続く6枚目のアルバム。ブラジル音楽の影響を強く受けている。saigenjiという独自の世界はそのままに、初期の頃のアルバムに比べてより洗練されてきたような気がする。無駄な音が無くなってきた、と言おうか。温かいギターの音色に乗せて独特の歌声が広がる。その声は他に似た人がいないので何とも形容しがたいが、ホルンとトランペットの中間くらいの声質と言ったらいいだろうか。ホルンよりは黄色くて、トランペットほどにはキンキンしていない。一度聴いてみないとイメージがわかないかもしれない。あまりにも独特なので、好みは分かれるだろう。この声と彼の音楽は不可分一体になっていて、声が違うとどんな雰囲気になるのか想像がつかない。歌詞は素朴な感じで嫌味がない。暮れかかる南国の海辺がよく似合う。
 2曲、ギターインストの曲がある。これもいい。

amazonで見てみる

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。