黒茶になるはずだった白茶。青蓮茶室

 『青蓮茶室』の店主がこのお茶の名前を教えてくれなかったので、こんなタイトルになってしまった。このお茶は、もともとプーアール茶(黒茶)用に栽培されていたお茶の新芽だけを摘んで、白茶の製法で作ったお茶だという。白茶だからほとんど色は付いていない。味は柔らかく甘い。微かにプーアールっぽい香りがする気がするが、白茶はこんな香りのするものなのかもしれない。。贅沢で、高級感が漂うお茶だ。

青蓮茶室』札幌市北区北23条西5丁目メルローズプレイス1F(地図

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。