『コロンビア・エル・プログレソ』横井珈琲

 「オレンジや赤リンゴを思わせる爽やかな香り、シルクのような口当たりとミルクチョコやキャラメルを思わせる甘さが心地よく持続。」

 2009年のカップ・オブ・エクセレンス3位の豆。この珈琲を飲みながら上の引用文を見てみると、なるほど、と思える。しかし上の文だけを見てこの味を思い浮かべるのは難しいだろう。そんなことを言ったら、このブログに載せているほとんどすべての記事がそういった類の文ばかりだ、というのがばれてしまうが。
 とにかく、この珈琲は余韻がすごく良い。本当にミルクチョコをずっと口に入れている感じがする。それでいて爽やかなのだ。コンテスト上位に入るのがよくわかる。ただ酸味が強めなので、それが全くだめな人は好きじゃないかもしれない。本当は余韻だけでも楽しんで欲しいのだけれど。

工房 横井珈琲』札幌市西区発寒9条11丁目2-11(地図

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。