『ORGANIC ROOIBOS GREEN』LUPICIA

 オーガニック ルイボスティー・グリーン。「無発酵のいわばルイボスの緑茶です。カフェインフリーで、クセがなく素朴な味わいです。」

 えっ、緑のルイボスってあるの?というのが初めの感想。改めてルイボスティーについて調べてみた。ルイボスはマメ科の植物で、その葉は針葉樹のような形をしていて落葉するときに赤褐色に変わるらしい。それを乾燥させたのが普通に言うルイボスティーだ。もしかしたら落葉する前に摘むのかもしれない。ふつうのお茶の葉は、摘んでからそのまま乾燥させると発酵して茶色い紅茶になる。同じようにルイボスも摘んでからそのまま乾燥させると発酵して茶色くなるのだろう。この『オーガニック ルイボスティー・グリーン』は緑茶と同じように発酵を止めて乾燥させたものらしい。なるほど。
 味は普通のルイボスティーと同じく、甘くて、香り豊かでおいしい。そしてもっと爽やかな味がする。干し草のような香りはしない。紅茶のような香りだ。捨てがたいお茶だ。青臭いという人もいるかもしれないけど、いい。
 ただ、やっぱりルイボスティーを飲むと口が乾く。茶色でも緑でもそれは変わらない。

LUPICIA

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。