西村和 作陶展

 にしむらなぎ。2009年10月20日~10月26日、札幌三越本館9階三越ギャラリー。札幌在住の作家。
 右は私の普段使いの珈琲用マグカップのひとつで4、5年前の作品。今回の作陶展は普段使いのものは展示していなかったので、このようなタイプのものは無かった。西村和本人の話によると、今回は三越での展示ということもあり、ちょっと敷居の高いものを用意したとのことだ。象嵌の手法で幾何文様や草花文をあしらった花入れ、香合、水差し、大皿、急須など、しっかりと作り込んだものが多い。繊細でありながら土のものという風合いは失わずにいて、確かな技術力を感じる。寂れた感じが何とも言えず良い。昔嗜(たしな)んでいた茶道をまた始めたくなるような雰囲気が会場にはあふれていた。
 私の好きな作家である。展示期間中にもう一度行って、本当に気に入ったものがあれば購入しようと思う。

西村和のHP

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。