『EARL GREY』LUPICIA

 アールグレイ。「祁門紅茶ベースのオーソドックスなアールグレイ。ストレートでもミルクでも。」

 あまりクセのないアールグレイ。悪くない。以前紹介したNINA’Sのアールグレイも、これと同じくキーマンベースだと思われるが、そちらがキーマンの香りを前面に押し出していたのに対し、ルピシアのものはキーマンの味がほとんどしない。ベルガモットの香りも適度である。
 ついでに今まで飲んだアールグレイの感想をまとめてみたい。NINA’SとLUPICIAは置いておく。好みだったのは、月並みだけれどトワイニング(TWININGS)とフォートナムメイソン(FORTNUM & MASON)。これはたいていの人にお薦めできる。フォション(FAUCHON)は香りが強く、アイスティーにはぴったりだけれど、ホットだと慣れが必要。エディアール(HEDIARD)は香りや水色は良いのだけれど味があまり好きではない。ロイヤルコペンハーゲン(ROYAL COPENHAGEN)は香りが上品で良いが、茶葉に力が感じられずちょっと物足りない。
 こんなところか。

LUPICIA

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。