『小樽クラシックブレンド』可否茶館

 札幌大通のポールタウン店にて。
 こんな名前のブレンド、前からあったかな。無かったような気がする。でもクラシックという言葉が入っているし。とか思いながら注文(本当はスペシャルティ珈琲を所望したのだが、あいにく品切れだった)。
 少し苦みはあるものの、かなり飲みやすいブレンドだ。熱いうちはほとんど酸味を感じないが、冷めてくるとちょっと酸味が出てくる。おいしいけどあまり特徴はない。いかにもブレンドとして作り出した味(ブレンドが悪いと言っているわけではない。地名や農園の名前の入った珈琲とは違い、クセがなくバランスが取れている、という意味)。
 今日はずっとノラ・ジョーンズのファーストアルバムがかかっていて、気分よく飲めた。

可否茶館HP

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。