『紅子』LUPICIA

 ベニコ。「アセロラの甘酸っぱい香りをつけた紅茶に、ハイビスカスとローズヒップをブレンドしました。」

 アセロラの香りは強すぎもなく弱すぎもなくちょうど良い。飲むと酸味で舌がぴりっとする。後味はさっぱりとしていて、ミントを口にしたときのような感じ。でも、よくあることだがベースとなる紅茶の味がいただけない。この会社のフレイバードティーでも、もとの紅茶の味がわからなくなるくらい強烈な香りをつけたものはそんなにまずく感じない。中途半端なのがよくない。中途半端、あるいは適度な香りのフレイバードティーは、質のよい茶葉を使うべきなのだと思う。

LUPICIA

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。