『コスタリカ・エルバス』横井珈琲

 「赤リンゴや甘いオレンジの風味、透明感のある味わいと、きめの細かい口当たりが魅力です!」

 相変わらずホンジュラスとコスタリカはごっちゃになってしまう。好きなのはホンジュラスだ(前にも同じことを書いた気がする)。
 この珈琲、透明感ときめの細かさを出すのは難しい。ちょっといい加減に抽出すると、すぐにざらついたまずい珈琲になってしまう。うまく淹れたときは、すっきりとした透明感が際だつ。私は青リンゴやタンカンの風味を感じた(横井珈琲のコメントに対する皮肉を言っているわけではない。タンカンを感じるのは沖縄から帰ってきたばかりのせいか)。ただ、やはりコスタリカは酸味の勝る珈琲なので、それほど好みの味ではない。前回飲んだコスタリカ・シン・リミテスはまあまあ好きな部類ではあったが。

工房 横井珈琲』札幌市西区発寒9条11丁目2-11(地図

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。