『三泰有機紅茶』

 お土産でもらった。
 台北(タイペイ)のほど近く、台湾の北東部の宜蘭(イーラン)にある、三泰有機農場で生産している。「たぶん」ここの農場のメインは緑茶や烏龍茶であり、紅茶も作ってみました、という感じなのだと思う。茶葉の見た目は岩茶系に近いが、焙煎はそれよりもかなりきつい。武夷岩茶は青茶なのだから、紅茶であるこのお茶の焙煎がきついのはある意味当たり前ではある。
 味は柔らかく、舌当たりが弱い。申し訳ないが、少しふぬけた味をしている。思うにこの土地は紅茶向きではないのだ。日本で作られた紅茶が有名にならないのと同じで。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。