ガーベラとバラ

 針のように先のとがった花びらが特徴のガーベラと、クリーム色のバラ、そしてほのかに紫がかった白いストック。
 私がこれまでこのブログに載せてきた絵とはまったく違う雰囲気を出してみた。ただ、ちょっとやりすぎたかもしれない。油絵のような色面構成はあまりに重苦しい。絵として成功しているのかどうか、と言えば、たぶん失敗作なんだろう。この作品が好きな人は少ないような気がする。でも個人的には、左下のバーミリオンの辺りの色の感じや、ガーベラをアップで見たときの雰囲気とか、一部好きなところもあるのです。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。