『FOURTH WALL』Dominic Miller

 2006年。
 ドミニク・ミラーは、スティングの良きパートナーとして活躍しているらしい。でも私はその辺のことはよくわからない。このギタリストの曲を聴いたのも、このアルバムが初めてだし。なお、このアルバムはどちらかといえばジャズの部類に入るんだと思う(自信がない)。

 抑制され、考えられた音の粒。ギタリストだったらもっとがんがん弾いたり速弾きなどの技巧に走ったりしてしまいそうなものなのに、この人はそうしない。そうしないことで逆に曲に深みが出ている。一見単調に続くリフ。もの静かに木訥に語るギター。その音色に癒されながらも、時に人を不安に陥(おとしい)れる旋律。ヴォーカルの入っている数曲はアルバムにスパイスを加えてくれる。
 音楽って、こういうあり方もあるんだ、と改めて教えてくれた一枚。

amazonでみてみる

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。