『音を大きくする本』永野光浩

 Stylenote。
 この本のとおりに音を大きくしてみた。すごい。大きくなっている!

 題名だけ見ても、何のこっちゃ、だと思う。副題は「音圧をあげるための基本からプロレベルまでそのテクニックのすべて」である。私のようなDTM(Desktop Music)初心者は、作った曲が往々にして市販CDのような大きな音にならない。本書はその音圧を市販CDレベルにまで上げることに特化した本である。具体的にはコンプレッサー、リミッター、イコライザーなどを効果的に使って音圧を上げる。それぞれの仕組みの説明、それらのパラメーターの扱い方をわかりやすく丁寧に教えてくれる。Threshold、Ratioなどの値を実際にどれくらいの数値に設定すればいいのかについても書かれているので、実践でもすぐに使える。最終的には自分の耳との勝負であるのだろうが、その前段階にも届かない私にはものすごく役に立つ本である。この本を買って良かった。

amazonで見てみる

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。