『MONTE CRISTO』LUPICIA

 モンテクリスト。「花を思わせる香りがミルクを入れても楽しめる、コクのあるセイロン・キャンディ紅茶。」

 キャンディはスリランカのほぼ中央部にある。日本ではそれほど有名でもないと思うが、スリランカではごく一般的なお茶だ。私の遠い記憶では、結構な山間(やまあい)にある古都である。紅茶とカレーはおいしかったが、サンドウィッチはまずかった(どうでもいい話ですね)。
 キャンディは一般には、渋みが少ないためかアレンジしやすく、バリエーションティーやアイスティーによく用いられる。私もフルーツを使った紅茶を入れるときなど、キャンディをベースにすることが多い。
 さて、モンテクリストの話。渋みはほとんど感じられないのにコクがある。香りはいかにもセイロン茶らしい。これはストレートで十分おいしい。

LUPICIA

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。