人生って

 「苦である」ってお釈迦様はおっしゃった。今の私は、このことに全面的に賛成する。この数年来ずっと、この考えに変化は無い。

 四苦八苦。生老病死、愛別離苦(あいべつりく)、怨憎会苦(おんぞうえく)、求不得苦(ぐふとくく)、五陰盛苦(ごおんじょうく)。

 お釈迦様が苦をこのように分解してくれたから、私もそのことを理解するようになった、というのではない。私はもっと直截に「人生は苦である」ことが腑に落ちている。もしかすると私の理解は浅薄で、まったくお釈迦様の言っていることと違う理解の仕方をしているかもしれない。でもそれはそれで今の私の身の丈にあった理解なのだと思う。ここ数年来その理解に変化は無いのだから、それもひとつの真実なのであろう、と勝手に思っている。
 もちろん人生には楽しいことだって嬉しいことだってある。でも人生は苦なのである。説明に窮する。やっぱり直截感じ取るしかないのだと思う。生きることについてずっと考えに考えを重ねて悩み続けると、何らかの答えが自然と浮かんでくる。それは人によって違っていていい。たまたま私にとっての答えが「苦」であった。ただそれだけのことだ。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。