『新・プロの音プロの技』永野光浩

 Stylenote Nowbooks 6。副題「自宅録音派なら誰でも知っておきたい基礎知識」。
 本格的に音楽をやっている人なら極々基本的なことなのかもしれないが、独学でDTM(Desktop Music)をやり始めた人には役に立つコツや技が色々と載っている。セット・アップ編としては電源プラグやコードの向きの話からスピーカー選びについてなど。シーケンサー編としてはベロシティやデュレーションの設定のコツから、ギターやストリングス、ピアノなどの入力のコツまで、ちょっとしたことをあっさりと説明している。他に仕上げのポイントとしてメイク・アップ編などもある。
 全体としてあまり深くはない。ちょっとしたコツや技を箇条書き的に並べている。私みたいな本当の初心者には嬉しい知識が散りばめられているけれど、結構やっている人にとってはどうなんだろう。この本で基本的なことを押さえておいて、より深めたい人は他の文献に当たる、というのが良い方法か。
 「自宅録音派なら・・・」と書いているのだから、本当の録音についても触れて欲しかった。基本、この本は打ち込み用なのだ。

amazonで見てみる

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。