小橋川卓史のマグ

 赤絵の中の魚文。その艶やかな朱と青みがかったグレーと茶の織りなす世界は父親の小橋川清正譲りである(記事参照)。そう、この器も沖縄は壷屋焼きのものなのだ。彼の器は清正の手によるものよりもずっと柔らかい印象を受ける。私の趣味から行くと、父親の作品の方が荒々しくて好きなのだけれど。
 普段珈琲を飲むときは、特別な気分でない限りこのマグカップを使う。私にとってはすっかり手に馴染んだ一品である。
 独立店舗は、那覇市の国際通りから平和通りに入り、壷屋やちむん通り(壷屋大通り)を少し歩いた左手奥にある(悔しいことに地図上ではどの建物か特定できなかったので、地図のリンクは張っていません。探してみてください。周りの建物よりもずっと新しいきれいな店舗です)。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。