『HAPJAN PURBAT』LUPICIA

 ハプジャンパルバット。「熟れた果実のような甘みとコクの、たいへん細かいタイプのアッサムCTC紅茶。」

 確かに甘いけど、気の抜けた感じ。アッサムらしい味。好きではない。CTCのせいかもしれない。
 ここのところ、アッサムが苦手とか言いつつ、アッサムばかり飲んでいる気がする。怖いもの見たさか?実はまだ家に残っている。ずっと避けてきたからある、という見方もできるが。
 ちなみに、CTCとは、Crush、Tear、Curlの略で、茶葉を引き裂いて押しつぶして丸めたという意味である(この日本語の順番だと、TCCになってしまうが気にしないでほしい)。顆粒状になっていて、抽出が早い。ティーバッグに使われることが多い。味は残念なことに落ちるのだけれど。

LUPICIA

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。