物思い

 いつも何か考えている。今聴いている音楽のこと、さっきまで読んでいた本のこと、昨日観た映画のこと、いつか見た空のこと、あの日の遠い想い出、1年後の自分のこと、地球の裏側で起こっていること、生きることと死ぬこと・・・。
 ぼーっとしている時間はもちろんある。でもそのときも何かしら考えている。当たり前のことだ。ただ他の人と違うことがあるとすれば、そんなぼーっとした時間を過ごしていることについて、意識的なところかもしれない。「考えている」という事実に対して意識的なところ。「考えている」自分を外から見ている自分がいる。自分を極力客観視しようとしているが、しかし主観的な観点から抜けることのできない自分がいること。そんな抜け出せない輪の中にいることに自覚的な私。ああ、また堂々巡りだ。いつもその繰り返し。

 でも、たぶんここにいる私はそんなに大したことは考えていない。せいぜい考えていることといえば、明日の晩ごはんのこと。

(絵について)
 初めてカドミウムレッドを背景に使ってみたけれど、結構使えるな、という印象。あと、昔書いていたサインに戻しました。S-aki(というサイン)はちょっと気恥ずかしい。

 私はこんな人になりたかった。今からでも遅くないかな。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。