砂糖はやっぱり太る?

 砂糖を摂取しても太らない。そう私は思っている。その根拠のひとつとなっているのが、『「砂糖は太る」の誤解』(記事参照)という本で述べられている内容である。
 でも、今日本屋で立ち読みをしていたら、『Tarzan特別編集 太らない食べ方 完全BOOK』の中に、次のような記述があった。

 砂糖を摂取すると、インスリンが分泌される。インスリンは脂肪の分解を抑制する働きがあるので、その結果、砂糖を摂取すると太る。

 私としては、全般に前書の内容の方が説得力を感じるのであるが、後書の論拠を蹴散らす反論のようなものは、前書にはなかった。だから、どちらが正しそうなのか、私には判断がつきかねる。気になってしょうがない。
 さて、砂糖は太るんでしょうか。太らないんでしょうか。

以下、amazonで見てみる。
『「砂糖は太る」の誤解』
『Tarzan特別編集 太らない食べ方 完全BOOK』

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。