『Jardin Sauvage』LUPICIA

 ジャルダン・ソバージュ。「無発酵のルイボスティー、グリーンルイボスに甘く熟れたマンゴーとシトラスで香りづけ。」

 荒れた庭、だなんてネーミングとは裏腹に(野趣に富んだ庭というニュアンスなのかもしれない)、粗野な感じはまったくしない。クセのないグリーンルイボスにシトラスのすっきりとした香りと味、それにマンゴーの甘みをわずかに感じさせて、実においしい。ルイボスも無発酵だとあまり枯れ草っぽい感じがしないみたい。見た目は白っぽいけれど、お湯を入れて蒸らすと、ちゃんと茶色になる。そういえば、以前飲んだ『Organic Rooibos Green』(記事)もおいしかったから、私はきっとこの手のルイボスが好きなんですね。あいかわらず口は渇くけど。

LUPICIA

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。