『UKULELE OKINAWAN SWEETS vol.3』MORIKEN

 2010年。モリケン。沖縄の音楽を中心に演奏しているウクレレデュオの第3弾。
 ウクレレと沖縄メロディって相性が良いのだと思う。ちょっとハワイアンで、だけどオキナワンというところが意外とマッチしていて、私は落ち着く。そういえば沖縄のゆいレールで流れている音楽って、こんな雰囲気があるように感じる。ゆいレールでは駅ごとに違うメロディが流れるんだけど、那覇空港駅はこのアルバムにも入っている03「谷茶前(たんちゃめー)」ですね。ゆいレールのメロディはこちらで聴くことができます。
 このアルバム内の曲で一番好きなのは、ちょっと地味だけど09「なりやまあやぐ」。これは宮古民謡です。もともと好きな曲だったというのが大きいかも。そして琉球古典の01「瀧落し(たちうとぅし)#1」も良い(落ち着いたアレンジの15曲目もこの曲だが、カチャーシーっぽい1曲目の方が好み)。他には、思いっきりハワイアン風アレンジの07「ヘイ!二才達(にーせーたー)」(普久原恒勇)がいい味出してます。そして、随所に散りばめられた4つの「Moriken On The Beach」が、アルバム全体をうまくまとめている。適度に緩い感じのアレンジが心を癒してくれるアルバムです。

amazonで見てみる

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。