『In-A-Gadda-Da-Stephen』Stephen Bennett

 2010年。スティーヴン・ベネット。前作『Good Wood』(記事)と同様、ほとんどの作品を100年前に制作されたハープギターで弾いている(15『You Really Got Me』のみバリトンギター)。重奏感と低音の響きがたまらない。
 これはカバーアルバムである。ちょっと古めではあるが、すべて、(そこそこ)有名なロックミュージックから選曲されている。おいしいリフなども取り入れて、原曲の雰囲気に比較的忠実なアレンジが成されており、ギター1本で重厚なバンドサウンドを再現している。The Doorsの1「Light My Fire」、Jimi Hendrixの3「The Wind Cries Mary」、Creamの6「White Room」など、全15曲。
 個人的には、Procol Harumの4「Whiter Shade of Pale」、The Rolling Stonesの7「Honky Tonk Women」あたりが気に入りました。7なんて笑っちゃうくらいストーンズです。アコギなのにエレキサウンドに聞こえてしまうのが不思議。
 ちょっと懐かしい気分になる1枚。

(ハープギターのイメージがわかない方、このアルバムのジャケットがそのギターです)
amazonで見てみる
Shop at Pooh Cornerで見てみる

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。