『正山小種』LUPICIA

 ラプサンスーチョン。Lapsang Souchong。「福建省武夷山のふもと、星村の燻製紅茶。独特の香りが欧州で人気です。」

 ふつうこの漢字表記で「ラプサンスーチョン」と読むけれど、「しょうざんしょうしゅ」と読んでもいいと思う。中国茶としては後者の読み方でオーケーだから。
 松の燻焙をしみ込ませており、かなりクセのある香りがする。スモークチーズの匂いを強烈にして紅茶に混ぜ込んだ感じと言えば、ちょっとは伝わるだろうか。それでも、このルピシアのラプサンスーチョンの燻香は、やや控えめのような気がする。ただ、紅茶自体の味も少しぼやけていて、すっきりしていないのが残念。
 今まで何種類かのラプサンスーチョンを飲んだけれど、数年前に口にしたウィッタード(ウィタードとも。Whittard of Chelsea)のものが飲みやすくておいしかった。ちなみにこのウィッタード、ちょっと前に経営破綻したと思っていたのに、きちんとサイトが残っていた。復活したんだろうか。

LUPICIA

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。