東北地方太平洋沖地震

 2011年3月11日、午後2:46以降に起きた数回の地震。マグニチュード9.0。

 本州に住んでいる数人の知人の安否を確認するのが精いっぱい自分のできることだった。今も災害が収まっていないが、私はテレビやインターネットの情報を指をくわえてみているばかり。こんなことでいいのか、もっとやらなければならないことがあるんじゃないか、と落ち着かない私に、友人がこんな声をかけてくれた。

「非常時に、なにひとつ情報をもたないものは、みだりになにもしないということも、ひとつの「できること」なのだそうです。」

 今は待とう。自分のできることが何かについては常にアンテナを張り巡らせたうえで、私は私の日常を過ごそう。ほら、電気を節約することも自分のできることじゃないか。

(今後のブログの記事では、あえてこの災害のことには触れないでおこうと思う。時事ネタには触れない、というのが私の今までの基本スタイルだったから)

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。