『グレナダ』LUPICIA

 Grenada。「グアバで香りづけした紅茶に、パパイヤの果肉をふんだんに刻み込みました。紫・黄・紅の花が南国らしい甘い芳香を漂わせます。」

 甘い紅茶。たぶんパパイヤの甘さ。でもしつこくなくておいしい。ちょっとグアバの香りが入っているのがいいのかも。狙ったわけではないと思うが、少しだけルイボスティーっぽい雰囲気がある。これはよくできたフレイバードティーです。ちなみに紫・黄・紅の花とは、ブルーマロウ、マリーゴールド、サフラワーの3つの花のこと。
 この南国っぽいお茶になぜスペインの地名を?と思ったが、それは「グラナダ」でした。「グレナダ」はカリブ海の小国です。わからないことはきちんと調べないと、と今更ながら思った次第。

LUPICIA

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。