『茉莉金元宝』LUPICIA

 Jasmin Ancient Coin。モーリーキンゲンポウ。「手毬(THÉ MARI)」シリーズの中の一品。工芸茶。

 ジャスミンの香りを付けた緑茶。少しの渋みと強い甘みがあって、おいしい。お湯を入れる前はハート形をしており、真ん中のひっこんだところにほんのちょっと赤い千日紅の花が見えて、かわいい。お湯を入れたとき、本来であれば、広がった茶葉の両サイドからジャスミンの白い花が立ち上り、その2方向から来たジャスミンが中央で出会ったところに千日紅の花が開く、という段取りになっているのだと思われる。でも残念ながら今回はそうはならなかった。羽を広げた緑茶がひっくり返ってしまった。どうもこれまでルピシアで購入した工芸茶は、見た目がうまくいかない。味はとても良いと思うのですが。
 ちなみに茉莉はジャスミン、金元宝は中国の昔使われていたお金のことです(英訳を見ればわかりますね)。

LUPICIA

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。