『茉莉幸運花藍』LUPICIA

 Jasmin Bouquet of Happiness。モーリーコウウンカラン。「手毬(THÉ MARI)」シリーズの中の一品。工芸茶。

 ジャスミン(茉莉)の香りを付けた緑茶。控えめな甘み。緑茶の味もちょっと物足りない。味はそこそこ、という感じ。と、ここまでは一煎めの感想。二煎めは全体的にまろやかになり、味もしっかりと出てきて結構おいしい。緑茶は一煎めよりも二煎め以降の方がおいしくなったりするから、注意しないといけない。紅茶と違って、一煎めでやめるのは実にもったいない。
 このお茶、見た目も大成功です。緑茶の土台のちょうど中央に千日紅の赤い花があって、左右からはジャスミンの白い花とクコの赤い実が交互に立ち上って、アーチをなしている。工芸茶は、もちろん味がいいことに越したことはないけれど、見た目がとても重要だと思うんですね。これはよくできています。贅沢な気分を味わえる。

LUPICIA

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。