『玫塊普洱』

 メイクイプーアール。「玫塊」はハマナスの花(つぼみ)のことで、マイカイ、メイグイ、メイグェイといったりもする。プーアールは慣れない人にとっては飲みづらいお茶なんだけど、このメイクイを2、3個一緒にして淹れるだけで、ずいぶんと飲みやすくなる。バラのような香りが気品を感じさせる。茶器の方にも1粒入れておくと、見た目が華やかになる。いま家にあるプーアールはクセがあるので、お客さん用にプーアールを淹れるときはメイクイプーアールにすることが多いですね。
 このメイクイは『遊茶』で購入したもの(『遊茶』では「精緻メイグェイ」という名前で売られている)。ここのメイクイは色が鮮やか。メイクイだけで花茶として淹れることもあるみたいです。プーアールはおみやげでもらったもので、たぶん普洱磚茶(プーアールセンチャ)。長方形のブロック状に固められていて、ナイフとかフォークで崩して使う。磚茶は他のプーアールに比べてクセが強い気がする。すぐに慣れるけど。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。