『35 ISLAND BLEND』35 COFFEE

 実は読み方がわからない。パッケージには「Three Five COFFEE」と書かれているから、たぶんそう読ませたいのかもしれないが、つい「サンゴコーヒー」と読んでしまう。しかも「35 COFFEE」という店名ではないかもしれない。少なくとも沖縄本島南部の八重瀬町にある「SOOEIDO(株)」という会社で出しているコーヒーであることだけは確かなのだが。
 35コーヒーは「サンゴ焙煎」をしているという。風化したサンゴを200度まで温めてコーヒー豆をじっくりと焙煎しているそうだ。そういわれるとサンゴっぽい味だと感じてしまうところが、感化されやすい人間の一面を映し出しているようで、少し悲しい。話が逸れた。
 挽き方は中細挽きとなっているが、一般的には荒挽きの部類なんだと思う。ふだん一人分を淹れるときの豆の量でコーヒーを落とすと、超アメリカンな濃さになる。だからこの豆を使うときはふだんの1.5倍強の量で淹れる。それでもいつも私の淹れるコーヒーよりもかなり薄い。味はすっきりとしていて、嫌みがない。飲みやすい。嫌いではないが、物足りない。ホテルの朝食バイキングで使われていそうな印象を持つ。無難な味といういい方もできるのだが。
 サンゴを救おう、というコンセプトを持つコーヒーなので、そういう面で興味のある人はホームページをどうぞ。

『SOOEIDO』のHP

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。