『Moanin’』Art Blakey And The Jazz Messengers

 1958年の録音。モーニン。私にはよくわからないんだけど、もしかしたら「Moanin’」は通称で、本当のアルバムのタイトルは「Art Blakey And The Jazz Messengers」なのかもしれない。その辺のことはジャズに詳しい人にでも聞いてみてください。私はいつまで経ってもジャズ初心者です。あと、もともとのアルバムは6曲構成ですが、私が持っているのはリマスター盤で、8曲構成です(下のアマゾンへのリンクもこれです)。
 アート・ブレイキーはドラム奏者。このアルバム、すごいです。ザッツ・ジャズみたいな。私は初めて通しで聴いたはずなのに、知っている曲ばかり。単にメロディを知ってるんじゃなくて、この人たちのアレンジとして知っている。それだけ世の中でよくかかっているんだと思う。表題曲「Moanin’」は言うに及ばず、「Are You Real?」、「Along Came Betty」、「The Drum Thunder Suite」、「Blues March」、「Come Rain or Come Shine」のどれもいい。さすがに「The Drum Thunder Suite」ではアート・ブレイキーが目立っているけれど、他の曲ではトランペットのリー・モーガン(Lee Morgan)とテナーサックスのベニー・ゴルソン(Benny Golson)の掛け合いがたまらなくいい。「Are You Real?」のハモりなんかが特にいいです。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。