『Saxophone Colossus』Sonny Rollins

 1956年の録音。『サキソフォン・コロッサス』。ソニー・ロリンズ(テナーサックス)。
 わざわざアルバムを買ってまでジャズを聴かない人でも、これに入っている「St. Thomas」と「Moritat」は聞いたことがあるんじゃないかと思う。明るくてキャッチーなメロディを奏でる、やわらかく優しいテナーサックスの音色が心地いい。落ち着いたトミー・フラナガン(Tommy Flanagan)のピアノとダグ・ワトキンス(Doug Watkins)のベースのサポートも心強い。ドラムスのマックス・ローチ(Max Roach)は時に派手ですが。
 たぶん上の2曲がこのアルバムの中心のような気がするけれど、私が好きなのは、3曲目に入っている「Strode Rode」だったりする。何となく他の曲よりもテナーサックスの音が力強い気がするのだ。この曲のベースとピアノの絡みもなかなかいい。
 全体として、派手さは少ないですね。

 余談ですが、私の買ったこのバージョンはもう売られていないかもしれない。でも大丈夫。『Saxophone Colossus』で検索すると、たくさんのバージョンが引っかかってきます。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。