『バレンタインブレンド(2012)』可否茶館

 独特の味がする。「カカオやナッツを思わせる」と店頭には書いてあった気がするが、まさにそのとおり。香りはあまりしないコーヒーなんだけど、喉越しを通ったあとに感じる余韻が香ばしい。苦みの中にもほんのちょっとだけ甘みの感じるブレンド。少し口に残るえぐみがアクセント。1年に一度くらい、こんなほろ苦さを感じるのもいいかも。

可否茶館HP

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。