『Waltz for Debby』Bill Evans Trio

 1961年録音。ビル・エヴァンス・トリオ。ビル・エヴァンスのピアノ、スコット・ラファロ(Scott LaFaro)のベース、そしてポール・モチアン(Paul Motian)のドラムス。
 繊細で壊れそうな、まるでガラスのようなピアノの音が全体を包み込んでいる「My Foolish Heart」で始まるこのアルバムは、もともと6曲編成だった。軽やかで印象的な表題曲「Waltz for Debby」、姪のデビーのために書かれたこの曲は、もちろんこのアルバムの中で一番の位置を占めているのだろう。この曲が終わってさて次の曲、と思うと、また「Waltz for Debby」の旋律が流れ始める。そう、私の買ったこのバージョンには同曲の別テイクが収められているのだ。何も連続して並べなくても、と思うが、実はこれだけではない。どこか倦怠的な「Detour Ahead」も、こぎれいな感じの「My Romance」も別テイクが並んで収められている(これらに最後の「Porgy(I Loves You, Porgy)」を合わせて、計4曲がボーナストラックとして収められている)。これは編集の失敗だと思う。アルバムの一体感がまったく損なわれてしまっている。「Porgy」はまだいいにしても、他の3つのボーナストラックは余計だと思う。せっかくよい曲で詰まっているのに残念だ。買うときは中に入っている曲を確かめて、余計なトラックの入っていないバージョンを購入することをお勧めする。
 曲はいいです。ドラムスはサポートに徹しているけれど、意外とラファロのベースが活躍していて、ピアノとベースは同等の地位を与えられているように感じた。ビル・エヴァンスの名前ばかりが有名だけれど、このアルバムはトリオのものなんだな、と妙に納得した。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。