『A Night at Birdland, Volume One』Art Blakey

 1954年の録音。バードランドというジャズクラブでのライブを収めたもの。アルバムタイトルの通りですが。アート・ブレイキーはドラムス。
 すごく勢いが感じられて、これがジャズライブの醍醐味なんだ、と思った。ジャズの中ではハードバップと呼ばれるジャンルらしいが、私にはよくわからない。でも力強さがすごい。1曲目の「Split Kick」から引き込まれる。クリフォード・ブラウン(Clifford Brown)のトランペットとルー・ドナルドソン(Lou Donaldson)のアルトサックス、ホレス・シルヴァー(Horace Silver)のピアノがうまい具合に絡み合って、それをカーリー・ラッセル(Curly Russell)のベースとブレイキーのドラムスがまとめている感じ。 個人的にはルー・ドナルドソンのサックスの音が好きですね。でも、ほぼトランペットのソロだけで成り立っている3「Once in a While」のクリフォード・ブラウンもかなり良いです。他の曲のトランペットはあれっ?というところもないわけではないですが。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。