白いアルストロメリア

 色鮮やかな花たちが並んでいる。ミモザの黄色が目に飛び込んでくる。ああ、もうこんな季節なんだ。久しぶりの花屋は何となく緊張する。
 店内を物色していると、赤みがかったオレンジ色のカーネーション(実際のところ購入するまでそれがカーネーションであることに気づかなかったのであるが)と白いカラー(カラーという名前の花です)を組み合わせた花束のアレンジメントが目に入った。これはいいんじゃないか。でもちょっと寂しい。
この花束にもうちょっと花を足してボリューム感を出してください。白を中心にした清楚な感じで、色はあまり加えないで。
そう店員に告げると、白いスイートピーと白いアルストロメリア、そしてユキヤナギを加えて、全体的に盛ってくれた。薄いピンクがあってもいいんじゃないか、と思いはしたが、これはこれですっきりとしていて、なかなかいい。これに決めた。
 昔は、アルストロメリアといえばピンクや赤、黄色が主体だったような気がする。最近は白をよく目にするが、流行なのだろうか。描きづらい花だけど、花保ちがよく華やかさもあるので、我が家にはよく登場する。絵ではどれがこの花かわからないかも。カーネーションの手前にある白い花です。それと、絵の中にはユキヤナギは登場していません。あのたくさんの花をどう表現したらいいのか思いつかなかったので。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。