『North Wind』山木 将平

 2011年。ソロギターアルバム。
 ギターうまいなあ、と思った。まあプロだから当たり前なんだけど、あんまりこういう風にしみじみと思うことってない。しっかりと音が出ていて安定してる。普通ジャッて弾くところをジャラッて弾くところなんかはちょっと気になるけど、それは本人もわざとそうやっているわけで、好みの問題。指弾きが主なところはそれも気にならず、結構好きです。押尾コータローの影響をかなり感じる。たまに押尾が弾いてるかのようなフレーズが出てくる。1曲目の「MIRACULOUS DAY!」からそういう雰囲気がある。タッピング系の「END OF EARTH」とか「バリの夜明け前」なんかはちょっとヘッジスっぽい気もする。でももともとはブルースがルーツらしい。「Sho’s Blues」なんかまさにそういう曲。
 結構いいギタリストだと思う。発売・販売元がおもしろい。「サッポロシティジャズ実行委員会」と「株式会社FM北海道」。そういえば前にサッポロシティジャズに出てたし、 今年も出る予定だ。サッポロシティジャズについてはこちら

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。