『American Classic』Willie Nelson

 2009年。ウィリー・ネルソン。
 その名のとおり、アメリカのスタンダードナンバーが並んでいる。ウィリーはカントリーのイメージが強いが、このアルバムはジャズ寄りか。まあ、スタンダードとはいえ私の知っている曲は半分もないんだけど。やさしい包み込むような彼の声はいいですね。ゆったりとした気分になる。「If I Had You」ではダイアナ・クラール(Diana Krall)と、「Baby, It’s Cold Outside」ではノラ・ジョーンズ(Norah Jones)とデュエットしている。後者は、『ノラ・ジョーンズの自由時間』私の記事)に入っているのと同じものです。
 半年くらい前だったか、とあるカフェでウィリー・ネルソンがかかっていて、一緒にいた友人が私に紹介してくれた。それを機会に彼のアルバムをたまに聴くようになった。どこかほっとします。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。