『The Very Best of Diana Krall』Diana Krall

 2007年。ダイアナ・クラール。
 彼女を知ったのは実はついこの前。ウィリー・ネルソン(Willie Nelson)の『American Classic』私の記事)の中で『If I Had You』をデュエットしていたのを聴いたのが最初。売れているジャズヴォーカリストだなんてことはまったく知らなくて、あぁ、いいかも、とちょっと思った。それで、まずはベストからだろう、と。
 声や歌い方はわりとあっさりしている印象を持った。あまり力が入らず、さらっとした感じ。初めはそんなところがちょっと物足りなくもあったのだが、聴き込んでみると意外と気に入った。でもすごくいい、という感じではなく、BGMとしてかけ流していてちょうどいいという程度。何かほかの作業をしていても邪魔にならない。このアルバムの中では『The Heart of Saturday Night』が特に好きな曲です。適度にゆるいところがいい。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。