『Here We Go Again』Willie Nelson & Wynton Marsalis Feat. Norah Jones

 2011年。ウィリー・ネルソンとウィントン・マルサリスとノラ・ジョーンズが2009年2月に行ったライブを収めたもの。ウィントンはトランペッターだけれど、何曲かボーカルでも参加している。レイ・チャールズに捧げたアルバムで、すべてレイの曲で構成されている。
 レイ・チャールズってジャズのイメージがあまりなかったんだけど、このアルバムはジャズっぽい。ウィントン・マルサリスのクインテットが主な演奏を担当しているせいかもしれない。トランペット(ウィントン)やギター(ウィリー?)などのソロにも結構な時間が当てられていて、歌だけに特化したアルバムではない。ウィリー・ネルソンは相変わらずの飄々とした感じで肩の力が抜けている。ノラ・ジョーンズはデビュー当時のような歌い方に似てるな、と思ったけれど、これは楽曲のせいかもしれない。
 好きなアルバム。参加している3人のアーティストがみんな好きだし、レイ・チャールズも好きだから当然かも。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。