『Grand Ukulele』Jake Shimabukuro

 2012年。
 正直なところ、もうジェイクはいいかな、と思っていた。自分の中でのウクレレブームも去ってしまって、ウクレレマガジンも最近は購入していなかった。今回のアルバムも惰性で買ってみただけだった。
 ところがどうだろう。これが実にいいのだ。音にキレがあって透明感があって、曲にノリがあって艶があって、ウクレレが歌っている。ジャカソロ系で激しめの『Ukulele Five-O』、『Rolling in the Deep』、『More Ukulele』。さわやかな感じで朝や海を感じさせる『Gentlemandolin』、『143』(以前のアルバムにも入っている)、『Fields of Gold』。ひとつひとつの音を丁寧にきれいにまとめ上げた『Missing Three』。硬軟取り混ぜた『Island Fever Blues』。スウィングがかった『Gone Fishing』。そして『Music Box』は派手さはないけれど、技術的にはすごいことをやっていて、音楽的にも好きな一曲。バライエティに富んだ曲の最後には、『Akaka Falls』の素敵な旋律に心が洗われる。
 久しぶりにウクレレを弾いてみようか。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。