『Live in Paris』Diana Krall

 2002年。ダイアナ・クラール。パリでのライブ録音。
 ダイアナのアルバムは『The Very Best of Diana Krall』(私の記事)しか持っていなくて、BGMとしていいな、くらいの感想しか持っていなかった。でもこのジャズライブはいい。彼女のいい具合に力の抜けた歌声と、同じく彼女の弾く洗練されたピアノと、アンソニー・ウィルソン(Anthony Wilson)のギターとジェフ・ハミルトン(Jeff Hamilton)のドラムスというシンプルな構成。
 アルバムの始まりは、軽快なリズムに乗ってダイアナの声が駆け巡る『I Love Being Here With You』。そしてクリスマスっぽい『Let’s Fall in Love』やボサノヴァ調の『The Look of Love』などに続いていく。『’S Wonderful』、『Fly Me to the Moon』、『Just the Way You Are』(Billy Joelですね)なんていう有名どころもある。でも私が一番好きだったのは、静かなバラード『A Case of You』でした。
 ベストアルバムよりもこっちの方が気に入った。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。