『Glow』Kaki King

 2012年。
 ざらついた感触。音が悪い気がするのは、このCDの前はずっとクラシックを聴いていたからか。久しぶりのインストアルバム。でもストリングスが入ったりドラムスが入ったりと、ギターソロではない。アルバムの最初の曲のストリングスは正直うるさくて、肌に合わない。ギターの音もよく聞こえない。嫌な予感。
 でもそれは杞憂だった。曲が進むにつれて徐々に落ち着きが出てくる。全体的に愁いに満ちた物憂い感じの曲が多いが、それは嫌いではない。アジアンチックな曲やどこかの民族音楽のような曲に交じるそんなローキーの曲、というか静かな曲、そんなのがいい。『Cargo Cult』、『Kelvinator, Kelvinator』、『Fences』、『No True Masterpiece Will Ever Be Complete』、『Holding the Severed Self』と続く流れはたまらない。派手さはないが、音の選び方とかが絶妙だと思う。一曲、好きではないのだがすごく気になる曲がある。それが『The Fire Eater』。一本の映画を観ているかのようなドラマ性がある。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。